函館短期大学 > お知らせ

函館短期大学からのお知らせ

茶道部 第20回 「学校茶道交流会」に参加しました

2019年6月13日(木)

茶道部 第20回 「学校茶道交流会」に参加しました
(令和元年6月9日 花びしホテル)

 茶道部は、第20回「学校茶道交流会」に参加しました。この会は、函館地域の高校や大学の茶道部など、学校同士の交流を通じて茶道のおもてなしの心を学ぶ茶会です。
 「茶の湯について」の講話では、平安時代に最澄が茶の実を持ち帰ったことから始まる日本における「お茶」の歴史や、「和敬清寂」の心を学びました。お茶席では、宗徧流の皆様による呈茶と、教育大学函館校茶道部、大野農業高校、中部高校、清尚学院高校茶道部の生徒さんの呈茶でもてなしていただきました。昨年度は、本学で交流会が開催されたため、我が茶道部部長が正客を務めました。緊張のあまり、お作法が飛んでしまう場面もありましたが、亭主、半東さんのアドバイスで無事に務めることができました。
 茶道部での活動は、函館地域の高校茶道部の生徒さんと接する良い機会であり、今後も茶道を通して地域活性化に貢献できればと思います。本学茶道部は、これからも精進してお稽古に励みます。

学友会春季スポーツ大会開催

2019年6月4日(火)

2019年5月25日(土)学友会主催のスポーツ大会が開催されました。
競技内容は、借り人競走・二人三脚リレー・綱引きの他、SL交流プログラムも催され、1、2年生がコミュニケーションを取りながら教員と共に楽しむ場面もありました。今年の優勝は食物1年A,B組となりましたが、どの学生も日々の忙しさを忘れ、クラスが一致団結できた大盛況の行事となりました。

食物栄養学科 インターンシップ報告会を開催しました

2019年4月12日(金)

食物栄養学科では、食品製造会社および市内ホテルのご協力のもと実施したインターンシップの報告会が、3月28日に栄養士を目指す本学の在学生を対象に行われました。また4月4日には、本学科の新入学生を対象とした同報告会が開催されました。

食品製造会社の実習では、幼稚園給食に関する講義や弁当・総菜等の製造部門における製造業務等の体験を行いました。

市内ホテルの実習では、ビュッフェで提供する料理の調理補助や盛り付けなどを行いました。さらに、実習最終日にはメニュー開発の体験として、考案した料理を実際に製作し、料理発表会で実食しました。

発表者からは「衛生管理など徹底している現場で実習を行ない、将来、栄養士として働くうえで非常に参考になった」、「より良い商品を開発するためのノウハウを学ぶことができて貴重な機会となった」などの意見が出され、充実した実習期間を過ごせたことがうかがわれました。
 今回の報告会では、実際の現場で行われている食材の衛生管理方法や安全で安心な商品づくりのための留意点等について説明があり、聴講した多くの学生にとっても大変有意義な時間となりました。

本学学生に貴重な学びの機会をご提供くださいました企業皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。
                                  (文責:鈴木)

新・高校2・3年生向け 春のキャンパス見学会を開催しました

2019年3月25日(月)

 食物栄養学科では新・高校2・3年生を対象とした春のキャンパス見学会(平成31年3月23日(土)13:30~15:30)を行いました。
 今回のキャンパス見学会では、春の季節が待ち遠しい函館の地において「行事と和文化を学ぼう」と題し、季節の行事文化を学び、体験授業としてさくら餅を作り、試食しました。

 今回は関東風さくら餅と関西風さくら餅の2種類を製作。それぞれのレシピに従い、みんなで協力し合い、楽しく作りました。

 試食・歓談の時間では、自身で作った2種類のさくら餅の味と食感を楽しみました。また、軽食として本学の教員と学生が作った粽(ちまき)も加わり有意義な歓談の時間を過ごしました。
参加者からは、「とても美味しかった、また作ってみたい」等の意見も沢山いただきました。
 
 遠方からもご参加いただき、誠に有難うございました。
 次回は6月16日(日) 11:30~14:30より第1回合同キャンパス見学会が開催されます。魅力的な体験授業をご用意し参加をお待ちしております。
 初夏を迎える歴史とロマンの町函館において、多くの皆様にお会いできることを教職員一同、心より楽しみにしております。
                                     (文責:鈴木)
~2019年 キャンパス見学会のご案内~

●第1回合同キャンパス見学会
6月16日(日) 11:30~14:30
●学科別キャンパス見学会
7月28日(日) 13:30~15:00
●第2回合同キャンパス見学会
8月24日(土) 11:30~14:25
●第3回合同キャンパス見学会
9月29日(日) 11:30~14:25

茶道部が函館共働宿泊所救護部でお茶会を開催

2019年3月5日(火)

本学茶道部は、平成31年2月28日に函館共働宿泊所救護部(函館市新湊町)で開催された「模擬店」で、お点前を披露しました。

1年生2名、2年生4名が参加。少ない人数での参加でしたが、呈茶(ていちゃ)を通して入居者や、来賓、スタッフの方々と会話をする機会があり、充実した時間を過ごすことができました。2年生にとっては、卒業前の最後のお茶会となり2年間の集大成となりました。
函館共働宿泊所救護部、入居者の皆様に感謝いたします。

はこだてFOODフェスタ2019に参加しました

2019年2月26日(火)

 平成31年2月23日(土)、24日(日)に、「はこだてFOODフェスタ2019」が函館アリーナで開催され、食物栄養学科の1、2年生5名が参加しました。
 会場内には、函館の食の特色を表現するテーマブースや、函館・道南の食材を使用した飲食ブースなど函館の食の魅力が大集結し、楽しいグルメイベントで盛り上がりました。
 23日(土)には、限定販売ブースで「函短親子弁当」を50食限定販売しました。売れ行きはとても好調で、開始から20分で完売しました。

 「函短親子弁当」に入っている食材をキャラクター化した物語を作り、ステージ上でPRしました。

 24日(日)には、「お弁当のおかずコンテスト~おべんコン~」に参加し、お弁当のおかずの栄養や彩り、お箸のマナーなどについてクイズを行い、大勢の子供たちと楽しく交流することができました。

 2日間に渡り、学生たちは販売の難しさや地域の方々と交流することによって一回り成長することができました。
 「函短親子弁当」をご購入いただいた皆様、クイズにご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

保育学科「卒業生のつどい」開催

2019年2月14日(木)

 平成31年2月9日(土)、平成29年度に函館短期大学保育学科を卒業したOB・OGを対象とした「卒業生のつどい」(子育て研究所主催)を本学で開催、卒業生・教職員計16名が参加しました。
 仙台や八戸から参加した卒業生もおり、最初に、松田賢一保育学科長が「保育士養成を取り巻く状況」について説明、その後、交歓会を行いました。
 参加した卒業生は、「久しぶりに友達に会えてとても良かった。皆の辛さや苦しみ、楽しさを共感し、意見交換ができた。社会人2年目も頑張ります」などと感想を述べていました。

                                        (photo by Mitsuhashi & wrote by Kimura)

『函短親子弁当』 函館市内のコープさっぽろ各店で発売中(2月10日(日)まで)

2019年2月7日(木)

今年で3回目となるお弁当企画で、食物栄養学科の学生が考案したお弁当が「コープさっぽろ」から販売されました。

今回販売されるお弁当は『函短親子弁当』です。内容は、
函館の食材である昆布とイカを利用した“スパニッシュオムレツ”、
実習で人気のあった“鶏のごま照り焼き”、
不足するカルシウムを補うための“小松菜と厚揚げのサラダ” です。

今年のお弁当は、販売促進につながるよう、それぞれのおかずにはキャラクターと物語が設定されており、学生の工夫がみられるお弁当です。
『函短親子弁当』は2月7日(木)から2月10日(日)の4日間の限定販売となっております。一人でも多くの方にお手に取っていただければと思います。

海外研修旅行2018の実施

2018年12月25日(火)

平成30年12月16日(日)~20日(木)の間、保育学科の学生8名、食物栄養学科の学生12名、引率教員1名(合計21名)が海外研修旅行に参加しました。昨年度に引き続き、渡航先はシンガポールで、事前に学習した内容に沿って研修しました。
今回は、初の試みとなる「シンガポールの保育園の視察と交流」を研修に組み込みました。シンガポールの子供たちとの交流では、手遊びを披露し、手作りのメダルを子供たちにプレゼントしました。参加した学生からは「シンガポールの子供たちはどのように過ごしているのか知ることができた」、「シンガポールの保育や、国の制度をうかがい、日本の保育との違いを具体的に知ることができた」、「手遊びを通して課題を見つけることができた」など保育に対し向き合う時間となり、今後、保育士を目指すうえで参考となる視察でした。

一方、「料理教室Tott」では、シンガポール料理のラクサやスパイシーチキン、バナナサゴを調理し、学生からは「日本ではみることがない生のスパイスやシンガポール特有の食材を使った料理はどれも新鮮だった」、「調理や味付けの仕方の違いなどを学ぶことができた」、等さまざまな意見があり、有意義な時間を過ごしました。また、「小さいころから3か国語やパソコンなど様々な教育を受けていることに驚いた」、「生でもやしを食べることに驚いた」といった感想もあり、教育や食文化の違いについて身をもって体験でき、保育園視察や料理教室で国際的な視野を広げられる研修となりました。

市内観光(Gardens by the bay、マーライオン、New Waterビジターセンター、サルタンモスク等)や自主研修を通して日本と海外の違いを肌で感じ、日本語が通じない中、地下鉄に乗ったり食事を注文したりひとつ成長を実感した研修旅行となりました。

DSC_3618

食育指導士®認定証が届きました

2018年10月23日(火)

今年度より、函館短期大学では、両学科に共通する「食育指導士®」(NPO法人 日本食育協会)資格の取得制度を導入し、8月4日(土)に本学で講習と試験を実施しました。食物栄養学科56名、保育学科82名、教職員9名の合計147名が合格しました。「食育指導士®」資格を取得できる専門学校及び短大は、今年度、全国で本学を含めて3校だけで、本学学生には貴重な資格取得の機会となりました。来年度以降も本資格の試験と講習を本学で実施予定であり、本学学生と一緒に、栄養士や保育士・幼稚園教諭として活躍している卒業生、地域の方々にも受験してもらえるように準備を進める予定です。合格者に認定証が届き、一緒に受講した教職員も学生とともに合格の喜びを分かち合いました。
 

Exif_JPEG_PICTURE