函館短期大学 > お知らせ

函館短期大学からのお知らせ

高校生が和食の基本について学び、調理実習を行いました

2019年9月26日(木)

令和元年度函館短期大学「高校生のための『食育講座(しょ・く・い・く)』初(しょ)回」(開催日時:9月14日10時00分~13時00分、共催:日本フードスペシャリスト協会)が、本学調理実習室にて、函館白百合高校生を対象に開催されました。
はじめに、本学管理栄養士の清水陽子先生から和食の基本について講義があり、5つの基本の味や一汁三菜等について学びました。次は調理実習に挑戦です。煮干しの内臓を取り除き丁寧にだしを取ってお味噌汁を作りました。また耐熱ガラスでお米が炊きあがる様子も観察しました。その後一汁三菜のバランスの良い献立を参加者全員で美味しくいただきました。最後は学生ボランティアが作成した復習クイズに参加し、フードスペシャリスト資格の有用性と取得方法、講義の内容を再確認しました。参加者からは「だしからとったお味噌汁がとてもおいしかった」等の感想が聞かれ、普段の自分の食事を見直す良い機会となったようです。

第4回 食物栄養学科 ホームカミングデー2019を開催しました

2019年9月18日(水)

 令和元年8月25日(日)に食物栄養学科ホームカミングデー2019が開催されました。本会は本学の卒業生の支援事業の一環で、卒業後、社会人として仕事をされている皆さんを、本学教職員一同でサポートしていくことを目的として実施され、今年で4回目となりました。
 今回は、卒業生を講師としてお招きし、『ハーバリウム』のボールペンとミニボトルを製作しました。色のバランスや花の配置を考え、細かい作業に集中しながら、卒業生の近況を伺ったり日ごろの悩みを相談したり、和やかな時間を過ごしました。引き続き、茶話会でも学生時代の思い出や社会人になった経験談などから、皆さんの成長を知ることができました。参加していただいた皆様、ありがとうございました。
 来年も魅力的なプログラムを用意し、ホームカミングデーの開催をご案内する予定です。今回、仕事の関係で参加できなかった卒業生の皆さんも来年こそは本学にご帰校ください。教職員一同心よりお待ち申し上げております。

「高丘町会 夏祭り」の企画・開催に係わる課題解決型授業の実践について

2019年8月15日(木)

 令和元年8月7日(水)の16時から20時 に開催された 函館市高丘町会(郷六信司 町会長)の夏祭りに函短生がボランティアとして参加しました。

 夏祭りは、例年町内の小公園を会場に実施していましたが、今年度は、町会からの依頼により、本学「実習園庭」を夏祭り会場として提供し、ステージ発表と各種模擬店が出店されました。

 食物栄養学科1,2年生は、例年、町会夏祭りをPBL実践の場としており、夏祭りの活性化と世代間交流の促進を目標にイベントを企画しました。実施内容は、夏祭り会場となった本学園庭全体を使い、3カ所のスポットを巡るウォークラリーと最終スポットでの魚のチンアナゴを見立てた棒への輪投げゲームとしました。幅広い年代の方に楽しんでいただくことができました。

地域住民対象に『栄養ワンダー2019』を開催

2019年8月13日(火)

地域住民対象に『栄養ワンダー2019』を開催
 『なぜ栄養士の料理はうす味なのか?~おいしく減塩 守ろう血管~』
栄養士・管理栄養士の活動を紹介

 函館短期大学フィットネスセンターで、令和元年7月29日、30日、31日、8月2日の4日間、地域住民を対象にした「栄養ワンダー2019」を開催しました。
日本栄養士会が主催する「栄養ワンダー2019」は、「栄養を楽しむ」生活を応援することを目的とした全国イベントです。期間中、全国約1,300か所で開催され、本学の会場では、20歳代から70歳代のフィットネスセンター利用者及びスタッフ、のべ75人が参加しました。
 本学の「栄養ワンダー2019」では、『なぜ栄養士の料理はうす味なのか?~おいしく減塩 守ろう血管~』と題し、本学教職員である管理栄養士が、ソルセイブ(食塩含浸ろ紙)による塩味の味覚チェックと合わせて、減塩の必要性や普段の食事で気をつけるポイント、だし・香辛料などを用いた満足度の高い調理法を紹介しました。このほか、栄養を楽しむためのコツをまとめた冊子「栄養ワンダーブック」を配付し、協賛企業のキウイフルーツ、ヨーグルト、野菜ジュースを参加者に提供しました。 

最終日(8月2日)には、本学食物栄養学科で栄養士及び健康運動実践指導者の資格取得を目指している2年次生2名が、参加者へ味覚チェックの方法を説明する際に、管理栄養士の先生を補助する活動をおこないました。

参加していただいた地域の皆様、ありがとうございました。

栄養士の職域紹介を実施しました

2019年8月6日(火)

栄養士の職域紹介を実施しました
(後援 公益社団法人 北海道栄養士会函館支部)
 7月4日、11日に食物栄養学科2年生を対象に、『栄養士の職域紹介』を実施しました。病院、委託給食会社、老人福祉施設、学校勤務の4名の栄養士、管理栄養士の先生にお越しいただき、栄養士の業務内容ややりがい、苦労・工夫している点ご紹介いただきました。
 本学の学生は、主に栄養士として委託給食会社に就職します。学生からは、4名の先生方の講話を伺い、栄養士業務の印象が変わったとの感想がありました。委託給食会社でも働く施設ごとに業務内容が異なること、給食・厨房業務だけでなく病気や治療の知識が必要であること、多職種連携のためにコミュニケーションが大事であること、地場産物を利用するために、業者さんや組合の方との協力と信頼関係が必要であること、また、地域に貢献できる職種であることを知り、卒業までに多くのことを学びたいと再確認しました。
 本講話は、公益社団法人北海道栄養士会函館支部のご協力のもと開催されました。身近な諸先輩方、また函館で活躍されている栄養士・管理栄養士の先生の講話は、学生の将来の選択肢・夢が広がる内容でもありました。講話を企画・実施していただきました公益社団法人北海道栄養士会函館支部の皆様に感謝申し上げます。

学友会企画旅行2019実施

2019年8月5日(月)

2019年7月13日(土)、学友会主催の企画旅行に行ってきました。場所は、昨年と同様に「七飯・大沼公園」でしたが、今年度はさらに「さくらんぼ狩り」を取り入れて内容を膨らませて実施しました。「さくらんぼ」を食べられるだけ食べた後、お昼は大沼公園で「ジンギスカン」を食べました。大正15年から続く老舗の精肉店だけあって、「お肉の味が一味違う」と学生達は口々に言っていました。残念ながら途中の雨によって「カヌー」は中止となりましたが、道南ならではの「昆布館」を見学したり、全国に10か所しかない「間歇泉」を見に鹿部町まで立ち寄ったりと、雨天でも充実したプログラムとなりました。この旅行を通じて、学科を問わず短大内の交流を更に深めることができました。

食物栄養学科卒業生の果樹園でさくらんぼ狩り!

一生分くらいのさくらんぼを食べました!

山川牧場で牛と触れ合う

道の駅ななえは産直野菜が豊富

ジンギスカン食べながら話題が盛り上がります!

稀少な間歇泉を見学し、身も心も癒されました!

令和2年度函館短期大学入学者選抜要項について

2019年7月31日(水)

令和2年度函館短期大学の入学者選抜試験は、以下の通りです。
特別奨学生学校推薦型選抜、学校推薦型選抜Ⅰ期・Ⅱ期、一般選抜 Ⅰ期・Ⅱ期、総合型選抜(AO入学)、社会人選抜Ⅰ期・Ⅱ期。
各試験の実施内容につきましては、「令和2年度函館短期大学入学者選抜要項」をご参照ください。

 

浴衣の着装体験で日本の文化を学ぶ(被服学)

2019年7月25日(木)

食物栄養学科の専門科目及び教職関連科目(家庭)である「被服学」の授業で、「浴衣の着装体験」を行いました。日本の着物文化の歴史や特徴を概観し、当日は着物から帯締めまで学生一人で着装をすることができました。また、歩き方やふるまいだけでなく茶道の嗜みも学び、「衣」と「食」を関連付けた食物栄養学科ならではの函短授業となりました。学生の中には、この日のために実家から自前の浴衣を持参してきてくれた学生、新たに帯を新調した学生、更には浴衣に合う髪飾りを幾つか製作し、友人にプレゼントした学生もおり、教員と学生が共に高め合えた授業となりました。着装技術から茶道の嗜みまでの一連をご指導下さった特別講師の笹木香代子先生、本当に有難うございました。

短大内を上品に歩き、ハイチーズ!

自前の帯を可愛く締めました!

学生が製作した和装髪飾り

浴衣を正しく着てお茶をいただきました!

茶道体験をしました(調理実習Ⅲ)

2019年6月25日(火)

 食物栄養学科2年生は、調理実習Ⅲの一環として、日本の伝統文化のひとつでもある「茶道」を学びました。
講師は、本学茶道部の顧問でもある笹木先生です。
茶道の歴史やお道具、お作法の講義のあと、茶道部員の協力のもと実際にお抹茶を点てました。
まずは、お菓子をいただきます。今回のお菓子は、干菓子とべこもちです。べこもちは道南の伝統的な和菓子で、主に端午の節句で食べられています。
  
お菓子の後は、学生同士が点てたお抹茶をいただきました。
お抹茶は、きれいに泡だっているでしょうか。
    
「器がステキ。」、「自分の為ではなく相手の為に行う喜びを感じられた。おもてなしの心を学べた。」、「日本の伝統文化を体験できて良かった。」といった声も聞かれ、普段とは異なる実習でしたが、有意義なひと時を過ごすことができました。
ただし、普段は正座をしない生活から、足がしびれて立てない学生が…。

令和元年度 管理栄養士国家試験受験講習会のご案内

2019年6月13日(木)

本学では管理栄養士を目指す方のための国家試験受験講習会を開催いたします。
カリキュラムに基づいた各科目の重点指導に加え、マークシート方式の全国統一模擬試験を講習会前後に取り入れます。ご自宅での勉強が捗らない、もう一度勉強しなおしたい方、本学食物栄養学科の卒業生はもちろん、管理栄養士を目指す栄養士の方も受講いただけます。
多数の受講をお待ちしております。

◆受講対象者
  管理栄養士国家試験受験希望者 定員40 名
  ※講座の受講者が少人数(5名未満)である場合は、開講しないことがあります。
  あらかじめご了承ください。
◆期間
  令和元年8月24日(土) ~ 令和元年10月26日(土)
  ・全国統一模擬試験2回
(8月24日(土)、10月26日(土))
今年度より自宅受験での実施といたしました。
  ・講義15回(8月下旬~10月下旬 18:30~21:30)

◆会場
  函館短期大学 〒042-0955 函館市高丘町52 番1号
  TEL 0138-57-1800 FAX 0138-59-5549

 詳細は、「要項・申込書」および「日程表」をご覧ください。

 ・令和元年度 管理栄養士国家試験講習会 要項・申込書
 ・令和元年度 管理栄養士国家試験講習会 日程表