函館短期大学 > お知らせ

函館短期大学からのお知らせ

7/19(日) キャンパス見学会の申し込みを受付中

2020年7月6日(月)

7月19日(日)に食物栄養学科と保育学科の学科別キャンパス見学会を開催します。

 キャンパス見学会では、皆さんに函短の2つの学科のことをよく知っていただくために、体験授業や学内見学を行います。
  体験授業の内容はまもなく、公開いたします。
  各学科少人数対応となります。

  ぜひご参加ください。

■2学科合同キャンパス見学会
 日時:7月19日(日)
    13:30~15:30(受付 13:00~13:30)

 当日は、JR函館駅から本学まで無料送迎バスをご用意しています。
  尚、乗車場所・発車時刻は次のとおりです。
  JR函館駅正面玄関付近にスタッフがおります。発車時刻の5分前までにお集まりください。

[往路(行き)]
函館駅発 13:00~短大着 13:20

[復路(帰り)]
短大発 16:00~函館駅着 16:30

 ご参加の方は、電話か こちらのページ から事前にお申し込みください。当日の参加も大歓迎ですが、交通費支給の場合は事前に申し込みが必要です。

<お申込み・お問い合わせ先>
函館短期大学キャンパス見学会お申込みフォーム

入試広報課フリーダイヤル
0120-57-1820

 函短生がみなさんをお待ちしています ♪

6月28日(日) 2学科合同キャンパス見学会の中止について

2020年6月9日(火)

令和2年6月28日㈰ 第1回食物栄養学科・保育学科2学科合同キャンパス見学会は、新型コロナ感染症対策のため中止とさせていただきます。
「いつでもオープンキャンパス」 を実施しておりますので、この度の取りやめたキャンパス見学会に替えて、是非、こちらよりお申し込みください。
※見学に参加した入学を検討している高校生へ交通費の補助があります。

【受付再開】「いつでもオープンキャンパス」のお知らせ

2020年6月5日(金)

「いつでもオープンキャンパス」の受付を再開いたしました。

※WEB上での進学相談も受付中です。

函館短期大学では「いつでもオープンキャンパス」を実施しています。放課後など都合のよい時間に短大の施設見学や職員との個別相談ができます。高校生、保護者など、どなたでも参加できますので、ご希望の方は函館短期大学入試広報課まで連絡ください。

「いつでもオープンキャンパス」実施要領

日時:事前に希望の日時をご連絡ください。

内容:

①短大・学科の説明

②入学者選抜説明

③個別相談

④施設見学

⑤その他(総合型選抜面談等)

問い合わせ先:函館短期大学入試広報課

フリーダイヤル:0120-57-1820

メール:nyushi@hakodate-jc.ac.jp

以上

デジタルパンフレットが完成しました

2020年6月5日(金)

本HP上でパンフレットを閲覧できるようになりました。

トップページ上部のボタンをクリックで閲覧ページにリンクします。(下記画像を参照)

尚、引き続き紙媒体でのパンフレット資料請求(入学者選抜要項とセット)も受け付けています。(コチラから)

是非、ご覧ください。

デジタルパンフレット

 

函館短期大学6月1日からの対面授業再開について

2020年6月1日(月)

函館短期大学では、6月1日から対面授業を再開します。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月20日から5月31日まで本学は休校措置を取り遠隔授業等の実施をしておりました。
世界中に蔓延した新型コロナウイルス感染症は、その終息までなお相応の時間を要するものと受け止めておりますが、専門職をめざす本学は、実践力を身に付けるための対面授業、演習等が欠かせないことから、細心の注意を払いながら対面授業を再開いたします。
対面授業の実施について、なにとぞご理解いただきたく思っております。
再び感染拡大の兆候が確認されたときには、政府の判断に基づき対応いたします。

対面授業についての考え方、新型コロナウイルス感染予防対策については、こちら(pdf)をご覧ください。

スクールバスの新型コロナウイルス感染症防止対策について

2020年5月28日(木)

在学生の皆さん・保護者の皆様へ

学校法人野又学園
スクールバスの運行に関して、5月25日に緊急事態宣言が解除され、6月1日より大学・短大の対面授業が再開となりますので、スクールバスを通常通り運行します。
つきましては、コロナウイルス感染防止対策を下記のとおり徹底して行いますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

1. スクールバス利用にあたっての留意事項
●登校時は、家庭において検温し、発熱が認められる者は乗車を見合わせること。
●下校時に体調不良等がある者は、保健室で検温し、発熱がある場合には、バスの乗車を見合わせること。
●乗車の際は、バス備え付けの消毒液にて、手指を消毒すること。
●咳エチケット等を心がけ、マスクを必ず着用すること。
●乗車時は、会話・発声を控えること。
●座席に余裕がある場合は、間隔を開けて着席すること。

2. バス運行前後の消毒処置等
●密閉を防ぐため窓を5㎝程度開き、常時バス内の換気を行いながら運行します。
車内温度に寒暖が生じる場合がありますが、運行中は窓を閉めないようご協力をお願いいたします。
(雨天の場合もできる限り対応し、車内の換気口は常に開けて運行します。)
●運行前後は、手すり等、車内をドライバーが消毒します。

3. 保護者への協力について
●スクールバスの過密化を防ぐため、保護者送迎が可能な御家庭はスクールバス利用ではなく、出来る限り自家用車での送迎協力をお願いいたします。

【学生及び保護者の皆様へ】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について(R2.5.21)

2020年5月21日(木)

今般の新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、世帯収入・アルバイト収入の大幅な減少により、学生生活にも経済的な影響が顕著となっている状況の中で、大学等での修学の継続が困難になっている学生等が修学をあきらめることがないよう、現金を支給する事業を文部科学省において創設しました。
この給付金の対象となる学生は大学事務局に申請していただき、日本学生支援機構から支給(振込)されることになります。希望する学生は学生課まで申し出てください。

◎対象者
在学生(学部・研究科)で、家庭から自立してアルバイト等により学費を賄っていることや、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でその収入が大幅に減少していることなどの要件を満たす方

◎支給金額
住民税非課税世帯の学生 20万円
上記以外の学生 10万円

◎支給対象者の要件(基準)
本事業は、家庭から自立してアルバイト等により学費を賄っていることや、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でその収入が大幅に減少していることなど以下の要件を満たすことを求めていますが、最終的には申請内容を踏まえて大学において判断します。

1.以下の①~⑥を満たす者
① 家庭からの多額の仕送りを受けていない(※1)
② 原則として自宅外で生活をしている(※2)
③ 生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い
④ 家庭(両親のいずれか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない
⑤ コロナ感染症の影響でアルバイト収入(雇用調整助成金による休業補償を含む(※ 3))が大幅に減少(前月比(※4)の50%以上減少)している
⑥ 既存制度について以下の条件のうちいずれかを満たす(※5)
1) 高等教育の修学支援新制度(以下、新制度)の第Ⅰ区分の受給者
2) 新制度の第Ⅱ区分または第Ⅲ区分の受給者であって、第一種奨学金(無利子奨学金の併給が可能なものにあっては、限度額まで利用している者又は利用を予定している者
3) 新制度に申込みをしている者又は利用を予定している者であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者
4) 新制度の対象外であって、第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者又は利用を予定している者
5) 要件を満たさないため新制度又は第一種奨学金(無利子奨学金)を利用できないが、 民間等を含め申請が可能な支援制度の利用を予定している者

2.上記1を考慮した上で、経済的理由により大学等での修学の継続が困難であると大学等 が必要性を認める者

(※1)家庭からの多額の仕送りを受けるとは、家庭からの仕送り額年間150万円以上(授業料を含む)を目安とします。
(※2)自宅外で生活しているとは、あなたが生計維持者のもとを離れて家賃を支払って生活している状態のことをいいます。申請にあたっては、自宅外通学であるということの証明書類(アパート等の賃貸借契約書のコピー等)の提出が必要です。
(※3)あなたが勤めるアルバイト先が雇用調整助成金の支援対象となっており、かつ雇用主から休業手当が支払われている場合は、当該手当をアルバイト収入とみなします。
(※4)2020年1月以降で、あなたのアルバイト収入が大きく減少した月が「当月」となります。
(※5)第Ⅰ区分、第Ⅱ区分、第Ⅲ区分とは、高等教育の修学支援新制度における、収入基準に基づく支援区分のことを指します。
詳しくはこちら→ 「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』申請の手引き(学生・生徒用)

(参考)文部科学省関連ページ https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00686.html

Instagram と Facebook を始めました

2020年5月20日(水)

函館短期大学では、「インスタグラム」と「フェイスブック」のアカウントを開設致しました。
キャンパスライフやイベントの様子、学校の日常などを動画や写真で発信していきます。
「インスタグラム」と「フェイスブック」では、基本的に同一の内容を投稿致しますので、利用しているほうのSNSでご覧ください。
皆様のフォローやいいねをお待ちしております。

インスタグラム
https://www.instagram.com/hakodate_junior_college/

フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100050938982211

函館短期大学 新型コロナウィルス対策休校による遠隔授業の実施について

2020年5月14日(木)

函館短期大学

函館短期大学では、令和2年4月3日~令和2年4月18日まで通常授業を実施してまいりましたが、「新型コロナウイルス」感染拡大による緊急事態宣言の発令をうけ、令和2年4月20日~5月6日まで臨時休校とし、遠隔授業を実施しました。その後、緊急事態宣言が延長となり、本学でも令和2年5月7日~令和2年5月末日までの予定で、休校期間を延長することを決定しました。
 臨時分散登校(令和2年5月7日、8日)で説明会を開催し、令和2年5月11日から本格的な遠隔授業や分散登校による授業実施を学生のみなさんにお知らせしました。
 休校、遠隔授業を実施するにあたり、函館短期大学の遠隔授業実施の方針が決まりましたのでお知らせいたします。

【函短】遠隔授業実施マニュアル(pdf)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変した方への支援について

2020年5月13日(水)

新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した方は、日本学生支援機構給付奨学金及び授業料減免を受けることができる場合があります。(新型コロナウイルス感染症以外でもA~Dに該当する場合は同様の扱いとなります。)
対象者は下記の事由に該当し、学費等の支援が必要となった場合です。(家計急変のあった生計維持者の収入に関する証明書等が必要となります。)
A 生計維持者の一方(又は両方)が死亡
B 生計維持者の一方(又は両方)が事故又は病気により、半年以上、就労が困難
C 生計維持者の一方(又は両方)が失職(非自発的失業の場合に限る。)
D 生計維持者が震災、火災、風水害等に被災(新型コロナウイルス感染症に係る影響を含む)した場合であって、生計維持者の一方(又は両方)が死亡、失職等の場合
(1)上記ACのいずれかに該当
(2)被災により、生計維持者の一方(又は両方)が生死不明、行方不明、就労困難など世帯収入を大きく減少させる事由が発生

制度の詳細は以下のホームページを参照してください。

日本学生支援機構
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html(外部サイトへリンク)

文部科学省
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/1420041_00003.htm(外部サイトへリンク)

申請を希望する方は学生課までお問い合わせください。

1 / 1112345...10...最後 »