函館短期大学 > つどいの広場

つどいの広場

つどいの広場新着情報

-七夕まつり- ロウソク一本ちょうだいな♪

2015.07.29

7月7日(火)つどいの広場で七夕まつりを行いました。

12:00と14:30の2回行い、大人36名、子供44名と沢山の人が集まってくれました。

IMG_2168s

甚平や浴衣姿のかわいらしいみんなと、

「♪たけーにたんざくたなばたまつり おおいにいわおう ろうそくいっぽんちょうだいな 」と大きな声で練習した後に、ご協力を頂いた函館短期大学の先生方の研究室を訪ねました。

IMG_2162s

函館ならではの七夕のイベントを初めて知ったお友達も緊張しながらも歌を歌って「お菓子やろうそくをもらえて楽しかった」「嬉しかった」と話してくれました。

子供たちのワクワクした表情、キラキラしていた瞳を見ることができてとても貴重な時間となりました。

子供たちみんなの願いが天に届くといいですね。

IMG_2159s

つどいの広場だより Vol.69(7月号)が発行されました!

2015.07.01

つどいの広場だより Vol.69(7月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 ~函館の七夕まつり
☆今月の予定
☆七夕まつりのお知らせ
☆水遊びをします!
☆つどいの広場の小さな畑
☆月イチコラム  「野菜のおはなし ~食物栄養学科 木幡恵子先生」

tsudoino-hiroba-dayori-201507

子育て講座「小児のむし歯予防」

2015.06.15

6月3日(水)函館歯科衛生士専門学校の山岸有子先生をお招きして、子育て講座「小児のむし歯予防」を行い、11名のお母さんと12名の元気な子どもたちが参加しました。

IMG_2122

 

 

 

 

 

初めの40分間、お母さんたちは歯について学びました。
○むし歯の発生
・ミュータンス菌により乳歯の生え始め直後から
・母子感染症だが、伝染病ではない
・唾液が関係

○唾液の量・役割
・1日1.0~1.5ℓ
・粘膜保護 抗菌作用など
・酸性になった口腔内を中和
・再石灰化

○お母さんたちからの質問
・歯磨きを嫌がるのだけれど…
・歯磨き粉は使った方が良いのか
・フッ素の必要性ついて  など

毎日悩みながら行っているむし歯予防について、わかりやすく教えていただきました。子どもたちは頂いた歯ブラシに興味津々の様子で、お母さんのひざで一緒に話を聞いていました。

IMG_2127

 

 

 

 

 

山岸先生は・・・むし歯にしてはいけないと思い、必死に歯磨きをさせようとしたり押さえつけるように仕上げ磨きをしたりするなど、お母さんががんばり過ぎてしまうことがあります。
歯磨きをするときにお母さんがリラックスをして楽しい雰囲気を作ることで、歯磨きが痛いもの・いやなものという先入観がなくなり、歯医者さんに対する負のイメージを持つことが少ないようです。
ご家族で並んで歯磨きをしたり、音楽をかけて仕上げ磨きをしたりするのもよいですね。家族みんなでむし歯予防を心がけることがとても大切です。・・・と、お話くださいました。

IMG_2123

 

 

 

 

 

参加したお母さんから「子どものむし歯は母親の責任だと思い、気が重くなっていましたが、完璧にしなくても大丈夫ということがわかり、心が軽くなりました。参加してよかったです」という笑顔の感想を頂きました。
(wrote by Yamada photo by Noro・Yamada)

つどいの広場だより Vol.68(6月号)が発行されました!

2015.06.01

つどいの広場だより Vol.68(6月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 ~美味しいトマトができるかな?
☆お知らせ 6月の閉館日について
☆今月の予定
☆歯の衛生週間について
☆牛乳パック集めています!
☆「みんなでランチ」のご案内
☆月イチコラム  「アウトドア・クッキングでの注意 ~食物栄養学科 澤辺桃子先生」

tsudoino-hiroba-dayori-201506

H27.5 子育て講座「つどいカフェ」

2015.05.27

5月13日(水)子育て講座「つどいカフェ」を開催しました。

お子さんから少し離れて、「お茶を飲みながら子育て仲間と語らい、育児の疲れを吹き飛ばしましょう」とお誘いしました。参加された7名のお母さんは、初めから元気いっぱいで、開始前から声を掛け合い、笑い声が広がっていました。自己紹介が一通り終わるころには、前からの知り合いのような和やかな雰囲気となりました。

裁縫が得意な方、音楽系は大丈夫という方、作るのが楽しいと話す方など、それぞれが好きなことや得意なことなどを話しながら、会話が広がりました。兄弟を育てている方や自分の子どもよりも年齢が高い子どもを育てている先輩ママへ、日ごろちょっと困っていることを相談する場面もありました。「急に、パパ嫌いと言ってお風呂に入るのをイヤがって泣くのだけれど…」という話の中では、「うちの子もそういう時があったけど、一時期だけだったよ」。「洗い方の違いかな?乱暴なのかも」など体験を話したり解決策を考えたりと、同じ目線で、自分のことのように考えていました。「子育てをしている仲間が近くにいる」という心強さを感じたのではないでしょうか。

tsudoi_cafe

話し足りないという声がたくさん聞かれましたが、「つどいカフェ」は1時間で、クローズとなり、笑顔のお母さんは子どもたちの元へ帰っていきました。

(wrote by Yamada photo by Noro)

つどいの広場だより Vol.67(5月号)が発行されました!

2015.05.01

つどいの広場だより Vol.67(5月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 ~ついうっかり、慣れに注意!
☆新任アドバイザーからのご挨拶
☆今月の予定
☆つどいカフェのお知らせ
☆子育て講座  「小児のむし歯予防」
☆月イチコラム  「ネット依存が引き裂く親子関係に注意して ~食物栄養学科 藤井 壽夫先生」

tsudoino-hiroba-dayori-201505

つどいの広場だより Vol.66号(4月号)が発行されました!

2015.04.17

つどいの広場だより Vol.66(4月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 ~生活リズムを整えましょう
☆今月の予定
☆4月、5月、つどいの広場の利用時間のお知らせ
☆みんなでランチのお知らせ
☆月イチコラム  「子どもの絵について ~保育学科 輪島 進一先生」

tsudoino-hiroba-dayori-201504

つどいの広場だより Vol.65(3月号)が発行されました!

2015.03.01

つどいの広場だより Vol.65(3月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 ~木保先生からのメッセージ
☆今月の予定
☆みんなでランチのお知らせ
☆新年度に向けて
☆月イチコラム  「環境としての「音」や「音楽」 ~保育学科学科  三沢 大樹先生」

tsudoino-hiroba-dayori-201503

元気に「節分」を楽しみました!

2015.02.11

2月3日(火)に開催された節分のつどいに、朝早くから沢山の親子が集まりました。はじめに、昔から鬼を追い出すための豆まきをしてきた事、普段は目に見えないけれど時々みんなの心の中にそっと鬼がやってくる事など、節分に関するお話を聞きました。怒ってばかりの鬼や泣いてばかりの鬼、好き嫌いをする鬼、他にどんな鬼がいるか、お母さん方と子ども達と考えてみました。そして、みんなが元気で楽しく暮らせるように、豆まきをして心の中の悪い鬼を追い出しましょうとお話をしました。子どもたちと心を一つにして、豆まきをするために紙芝居や絵本を見たり、「豆まき」の手遊びしたりしました。これから豆まきをしようと思ったその時、鬼が登場!!

IMG_2085 (1)

初めはびっくりし、怖くてお母さんにしがみつき泣きだす子もいましたが、やがて大きく元気な「鬼は外」のかけ声で必死に豆を投げつける姿、怖いものに立ち向かう勇敢な姿を見せてくれました。鬼は子供達が投げる豆にやられて降参し帰って行きました。みんなの元気いっぱいの声で鬼を追い出す事が出来ました。鬼がいなくなると、さっきまで泣いていた子も泣くのを止めて、鬼を追い出した事に喜びの声をあげていました。

IMG_2087 (1)

最後に、元気に楽しく「鬼のパンツ」の手遊びで締めくくりました。節分は冬から春への分かれ目です。福を招き入れる事で、子供達一人ひとりが一段と成長する事を願いながら終わりました。

(wrote by Kibo photo by Kimura)

1月子育て講座「ねんどであそぼう」開催!

2015.02.02

 1月28日(水)、子育て講座を行いました。今回は、本学保育学科の輪島進一先生をお招きし、「ねんどであそぼう」と題して手と足を思いっきり使った粘土遊びを楽しみました。
 参加した11組の親子は、最初にスクリーンの前に集まり、楽しそうに遊ぶ小さいお友だちの写真などを見ながら粘土遊びのお話を聞きました。粘土は、「素材としての自由さ100%の遊びである」「大人が触って見せることで安心感を持ち、自分もという気持ちが生まれる」「粘土が形を変えることが好奇心を刺激する」ということや「耳たぶの固さが遊ぶための程よい固さである」ということなどを、教えていただきました。お母さんのお勉強の時間が終わるといよいよ粘土を使って遊びます。

IMG_2079

 ビニール袋から出した粘土をマットに叩きつけながらこねて、柔らかくします。ちぎ る、穴を開ける、踏みつける、丸める、伸ばすなど指・手のひら、足などよーく使ってお団子・ヘビ・雪だるまやせんべいなどを作りました。最初は恐る恐る触っていた子どもたちでしたが、さまざまに形を変える粘土に想像力をかき立てられ、イメージどんどん広げていきます。「これ、へびさん」「アイスできた」「ゆきだるまつくろう♪」など楽し そうな会話が聞かれました。お母さんも子どもの頃にかえって夢中で作っているようでした。途中で「上手ですね」と輪島先生に声を掛けていただくと、お母さんもお子さんも恥ずかしそうに、そしてうれしそうな笑顔になりました。

IMG_2077

 最後に紙皿に果物などを載せて、輪島先生に見ていただきました。講座のはじめは声を掛けられても恥ずかしくて、返事ができないお子さんもいましたが、粘土で自由に遊び、たくさん褒めてもらったことが自信につながったようで、何度も「先生見て!」と作品を持って行くお子さんもいました。まずは親子で十分遊び、次に他の人にも認めてもらう。1時間弱の短い時間でさまざまなことを体験し、成長がうかがえた講座でした。

IMG_2084

IMG_2080

11 / 12« 先頭...89101112