函館短期大学 > 食物栄養学科 > 教職栄養コース

学科案内

食物栄養学科食物栄養学科

教職栄養コース

画像

小中学校の栄養教諭、中学校の家庭科教諭を目指して!!

いつの時代も学校の先生は憧れの職業。栄養士としての専門的な知識を学びながら、小中学校の栄養教諭もしくは、中学校の家庭科の先生になれる中学校教諭資格の取得を目指すのが教職栄養コースです。

役割を高める栄養学を専門的に学んだ教師

画像

飽食の時代といわれる現在ですが、子どもたちは、今、2つの飢えの中にあると言われています。ひとつは、加工食品や、清涼飲料水などの取り過ぎによってビタミンやミネラル類の不足といった生理的な飢え。もうひとつは、家族団らんの機会が減り食事も一人でとるなどの「独り食べ」「ばらばら食」といった精神的な飢え。
これらの問題解決のためには、栄養学を専門的に学んだ教師が教育の中で積極的に親や子どもと接し、正しい食事のあり方や栄養のとり方などを栄養教諭(学校栄養士)や家庭科教諭と連携して導いていくことが大切といわれています。これが栄養士の資格を持った先生が歓迎される理由ともなっています。
加えて、栄養士としての学問を土台に教職を目指す勉強は、教師になるために最も必要な資質、つまり「教師とは何か」を客観的に考える環境を与えることになり、今後の教育現場で教師として本当に必要とされる能力「心の教育」を実践する基盤づくりにも大きく貢献します。
教師になるための勉強は、どんな分野でも能力を発揮できる知識と思考力を養ってくれます。自分自身の可能性を追求するためにも、本コースは最適なコースとなっているほか、介護員2級の資格を併せて目指すなど、他コースとの併修によって、さらにあなたの夢を広げることができます。

栄養教諭の役割

食に関する教育(食育)のために栄養教諭は小中学校で多岐にわたり活躍

画像

教師としての自覚を植え付ける教育現場実習と、人間を見つめる目に深みを与える介護等体験実習

画像

教職栄養コースは、栄養に関する専門性と教職に関する専門性を学習し、栄養学を専門的に学んだ栄養教諭、中学校家庭科教諭の資格を目指すコースです。

教職課程では、教育原理をはじめ、教育心理、道徳教育、生徒指導など学校教育に関する科目を総合的に編成し、バランスある教師の養成に力を注いでいます。

実習には教育現場実習と介護等体験実習があります。教育現場実習は栄養教育実習、中学校教育実習において、実際の学校で授業等を体験(観察、参加、実習)することにより、教師としての自覚をしっかり持ち、実習で得た経験を今後の勉強に活かすきっかけづくりとします。

中学校家庭科免許取得に必要な介護等体験実習は、盲学校、ろう学校、養護学校、高齢者福祉施設などで実施されます。特別支援学校での教育の実際を体験するとともに、人間を見つめる目に深みを与え、教育者にとって必要な「心」 の育成を図ります。

● 介護等体験

社会福祉施設1年次夏期休暇中に5日間実施
特別支援学校1年次12月に2日間実施

● 教育実習

特別支援学校1年次春季休暇中に2週間実施
中学校2年次6月に2週間実施

栄養教諭に期待される役割

  • 食に関する指導に係る年間指導計画策定への積極的な参画
  • 児童生徒への個別的な相談指導のほか、給食の時間や学級活動、学校行事、児童会(生徒会)活動など学級担任の作成する指導計画に基づいて、栄養教諭が指導の一部を単独で実施することが可能
  • 家庭科や保健体育科等の教科においては、学級担任や教科担任の教諭との連携協力の下で、食に関する指導を実施することが可能
  • 食に関する指導の充実のため、栄養教諭は、他の教職員や家庭・地域との連携・調整を行うなどの役割を期待