函館短期大学 > つどいの広場

つどいの広場

つどいの広場新着情報

1番には、「おいしいね」とつたえること(子育て講座)

2017.11.09

 つどいの広場では、10月26日(木)子育て講座「離乳食・幼児食の基本とQ&A」を開催しました。今回は、函館市母子保健課の清水玲子主査に、子供たちの「食」についてお話していただき、生後7ヵ月から2歳6ヶ月のお子さんを持つお母さん5名が参加しました。
 前半の話の中で、食事の量は大人の半分が目安だが、カルシウムは2倍とる、おやつは4番目の食事と考えるなど、離乳食・幼児食の基本の考え方を教えていただきました。ほかにも、「気分のむらや好き嫌いで困ることが多い1歳半ころは、子供が自分の気持ちを表現できるようになったという成長のあかしなので、食べむらやこだわり食べなどに惑わされないでほしい。母子手帳の成長曲線のカーブに沿って成長していれば大丈夫」という心強い話も聞くことができました。そして、「何をどのくらい食べさせるのかということは2番目に考えること。1番にはおいしいねと伝えること」という大事な考え方を教えていただきました。
 質問コーナーでは、お母さん方からおやつのとり方や、少食な子供に食べさせるためにどうしたらよいかなどが出されました。これらの質問に清水主査がわかりやすく答えてくださいました。また、「うちはこうしていました」と話してくれたお母さんもおり、子育ての仲間としてつながっている様子がうかがえました。困っていることや悩んでいることを声に出すことで気持ちが軽くなったり、仲間の存在を意識することで心強さを感じたりすることができたのではないでしょうか。
 最後に清水主査から「子育てはあせらず楽しんで」と優しいメッセージを頂き、講座は終了となりました。
                                             (wrote, photo by Yamada)

つどいの広場だより Vol.97(11月号)が発行されました!

2017.11.01

つどいの広場だより Vol.97(11月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 ―甘えさせると甘やかす―
☆今月の予定
☆ママままday「つどいカフェ」
☆「親子でコンサート」のお知らせ
☆カマキリの卵
☆月イチコラム
「101ぴきわんちゃん」 ~保育学科教授 三橋功一先生

つどいの広場だより Vol.96(10月号)が発行されました!

2017.10.01

つどいの広場だより Vol.96(10月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 秋からのプレゼント
☆今月の予定
☆ちびっこあそびの広場
☆函短祭へのお誘い
☆子育て講座「離乳食・幼児食の基本とQ&A」
☆月イチコラム 想像力を育むということ
保育学科教授 石橋修

Happy dayひろば「つどい祭り」 ~ わっしょい、わっしょい、おまつりだ!

2017.09.20

 つどいの広場では、9月2日(土)に函館短期大学1階のラウンジで「つどい祭り」を行いました。土曜日の開催だったため、おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんも参加してくださった家庭が多数ありました。
 お祭りの始まりは縁日です。受付でもらったチケットを持ち、お店に向かいます。今年のお店はいつもと一味違います。学生ボランティアの優しい声に混じって、男の人の声も聞こえます。3名のお父さんが学生と一緒に、お店屋さんになって盛り上げてくださったのです。
 ホットドックメーカーで焼いたソーセージや目の前で作ってもらったわたあめは本物そっくりです。


 学生が一生懸命作ったキンギョやカメは大人気です。上手にすくって袋に入れてもらいました。

 お面コーナーには、どの動物にしようかと、真剣な顔で考える子供たちがいました。よーく考えて決めたお面を、すぐに身につけてお祭りを楽しんでいました。

 縁日で買い物を楽しんだ後は、おみこしです。ボランティアの学生の力を借りて、ラウンジを一回り。「ワッショイ、ワッショイ」とお父さんお母さんからも大きな掛け声が上がりました。

 そして最後は、いか踊りです。子供たちだけでなく、函館を楽しもうとするお母さんたちも元気いっぱいに踊っていました。大人も子供も汗をいっぱいかいて笑顔が満開でした。
 親子20組と学生ボランティア4名、保育学科の原子はるみ教授やつどいの広場のスタッフなど総勢62名で楽しんだ「つどい祭り」は、夏を締めくくるとても楽しい思い出になりました。ご協力くださった皆さんありがとうございました。

                                        (wrote by Yamada photo by Harako)

みんなでこねこねたのしいね!

2017.09.11

つどいの広場では8月23日(水)に子育て講座「あそびのヒント!」を行いました。今回の講座は、家庭にある小麦粉、塩、油などの材料で簡単に作れる「こむぎこねんど」で遊びました。9組の家族が参加してくださいました。夏休み実習の学生や、おじいちゃん、おばあちゃんの参加もあり、とっても和やかな雰囲気の中で講座をスタートしました。

アドバイザーの説明を受けながら、お母さん達が粉を混ぜます。お母さんの動きを見つめているお子さんは、何ができるのかと不思議そうな表情をしていました。粉に色が付き粘り気を含み始めると、ツンツンと触れてみたり、手に取ってみたりして、ねばねばした感触にびっくりしていました。中には初めから全て自分ひとりで作りたいと意欲満々で作っているお子さんもいました。粘土ができあがると、持ち上げて伸ばしたり、こねたりして、楽しんでいました。手にくっつく感触がちょっと苦手というお子さんは、お母さんがかわいらしく型抜きしてくれた粘土で遊びました。
今回が初めての粘土遊びだったお子さんが多かったようですが、楽しんで体験してもらえてよかったです。身近にある材料で簡単に作れる粘土です。ご家庭でも遊んでみてはいかがでしょうか。

                                   (wrote, photo by Kinoshita)

つどいの広場だより Vol.95(9月号)が発行されました!

2017.09.01

つどいの広場だより Vol.95(9月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 ―小さい畑…その後―
☆今月の予定
☆「みんなでランチ」のお誘い
☆秋を楽しもう~「お散歩週間」
☆休館のお知らせ
☆月イチコラム
「秋の訪れを感じるもの」 ~保育学科助教 五十嵐睦美先生

子育て講座「親子で体操あそび」~パパ、ママと一緒に1・2・3・4

2017.08.10

 7月の子育て講座は、「親子体操あそび」を行いました。つどいの広場で遊んでいる様子を見る機会の少ないご家族の方にも参加していただきたいと思い、22日土曜日に行いました。8ヵ月から3歳までのお子さんとそのお母さん、そしてお父さんも参加してくださり、講師の髙森眞里子先生と一緒に元気に身体を動かしました。
 準備運動から始まり、最初は「親子でふれあいあそび」です。お母さんやお父さんの手でツンツン・こちょこちょ触られたり、ぎゅっと抱きしめられたりして、子供たちの笑顔がはじけます。大好きな「バスにのって」のうたでは、おうちの人のひざの上で「3、2、1、ひゅーん」と歓声をあげていました。


「親子でからだあそび」では、お母さんとお父さんも大活躍です。お子さんを片方の足に乗せドスコイとお相撲さんのまねをしたり、トンネルを作ったりしました。子供たちはそのトンネルをくぐったり、足のハードルをジャンプしたりと手も足もおなかも背中もよーく使いました。


 水分補給と休憩の後は「ワンツーパンツ」の楽しいうたに合わせてリズムあそびです。お母さんのひざを使ったいすとりゲームにも挑戦しました。風船でポンポンとラリ-をしたり、しっぽとりゲームをしたりして楽しみました。そして、お母さんのしっぽを追いかけたり、お母さんにしっぽを取られないよう逃げまわったり、遊びながらたくさん身体を動かしました。

 お母さんとお父さんの間で泣いたり、笑ったりしたしながら参加した0歳のお子さん、汗びっしょりになって跳んだりはねたりした3歳のお子さん、それぞれの年齢でできることを楽しんでいました。夏の暑さに負けない元気いっぱいの子供たちと一緒に気持ちのよい汗を流したステキな時間となりました。
                                    (wrote by Yamada photo by Kinosita)

つどいの広場だより Vol.94(8月号)が発行されました!

2017.08.01

つどいの広場だより Vol.94(8月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 どんな表情でお子さんと話していますか?
☆今月の予定
☆保育学科学生実習について
☆Happy Dayひろば「つどい祭り」参加者募集!!
☆子育て講座「あそびのヒント!」
☆月イチコラム みちくさしてみませんか?
保育学科教授 はらこ はるみ

七夕まつり  「ろうそく一本ちょうだいな」

2017.07.19

 7月7日(金)つどいの広場で七夕まつりを行いました。函館ならではの伝統行事である七夕まつりを地元の方だけでなく、函館出身ではない方にも体験してもらいたいと考え実施しました。
 プレイルームには開始時間より早くから、甚平や浴衣を着て気合十分な子供たちのワクワクした笑顔に包まれていきました。プレイルームで七夕まつりのお話を聞いた後は、「たけにたんざくたなばたまつり おおいにいわおう ろうそく一本ちょうだいな」と皆で歌の練習をしました。さあ、いよいよ七夕まつりの始まりです。
 親子で作った七夕飾りや短冊のかかった笹を目印に、先生方のお部屋やラウンジを親子で回りました。12:00からの第一部は20組の親子が参加しました。小さい子が多かったので、恥ずかしくてお母さんの後ろに隠れてしまう子もいましたが、少しずつ慣れ、最後はにっこり笑顔で「ありがとう」を言う事ができました。14:30からの第二部は21組の親子が参加しました。幼稚園児が多かったため、元気な歌声が廊下に響きわたっていました。遠方出身のお母さんも初めての行事に積極的に参加し、率先して歌を覚えようとしていました。先生方や学生もそれにこたえ楽しそうに一緒に歌う姿が見られました。初めて体験したお母さんから「函館の七夕まつりは、地域の皆さんと交流できて子供にとっても大人にとってもよい風習ですね」という感想をいただきました。
 この函館ならではの七夕まつりをこれからも続けて、多くの方に体験してもらいたいと思いました。

                                       (wrote, photo by Kinoshita)

つどいの広場だより Vol.93(7月号)が発行されました!

2017.07.01

つどいの広場だより Vol.93(7月号)が発行されました。

今月号の内容
☆アドバイザーの声 ―小さい畑からの贈り物―
☆今月の予定
☆七夕まつりのご案内
☆子育て講座「親子体操あそび」
☆子供いか踊り参加します
☆月イチコラム
「カナダの子育てテキスト『Nobody's perfect』で学んだ「3つの『あ』」 ~保育学科 准教授 榊ひとみ先生