函館短期大学 > お知らせ

函館短期大学からのお知らせ

社会人のためのキャンパス見学会 参加を受付中

2019年12月12日(木)

 12月16日(月)~20日(金)に社会人のためのキャンパス見学会を開催します。

 見学会では、みなさんに函短のことをよく知っていただくために、学内見学や個別相談を行います。 函短ってどんな学校なの? どんな施設があるの?社会人学生の卒業後は? みなさんの疑問に丁寧にお答えします。
 ぜひご参加ください。

■社会人のためのキャンパス見学会
日時:12月16~20日 (いずれか希望日)
   18:00~19:00

 ご参加の方は、電話かメールにて事前にお申し込みください。

<お申込み・お問い合わせ先>
入試広報課フリーダイヤル:0120-57-1820
入試広報課 E-mail:nyushi@hakodate-jc.ac.jp

学校推薦型選抜Ⅱ期、一般選抜Ⅰ期、社会人選抜Ⅰ期 12月5日から出願開始

2019年12月3日(火)

令和 2年度入学生の以下入学者選抜の出願が始まります。

・学校推薦型選抜Ⅱ期、一般選抜Ⅰ期、社会人選抜Ⅰ期

出願期間 : 令和元年 12月 5日(木)から令和 2年 1月 24日(金) まで
(郵送の場合、消印有効)

試験日  : 令和 2年 2月 1日(土)

試験会場: 函館短期大学(函館市高丘町52番1号)
[札幌]  ホテルサンルート札幌  ( 一般選抜Ⅰ期のみ)
[青森]  青森県観光物産館アスパム( 一般選抜Ⅰ期のみ)
[盛岡]  ホテルパールシティ盛岡 ( 一般選抜Ⅰ期のみ)
 
学校推薦型選抜Ⅱ期の詳細はこちら

一般選抜Ⅰ期の詳細はこちら

社会人選抜Ⅰ期の詳細はこちら

令和元年度第2回専門職研修講座 報告

2019年12月3日(火)

保育者の「話す力」を高めるために
 
第2回専門職研修講座が11月17日(日)に開催され、「保育者の「話す力」を高めるために」と題して本学保育学科の三島裕一教授が担当した。
市内もとより渡島・桧山を含め63名の保育者にご参加をいただき、熱気に包まれた講座となった。
 保育者である限り、どのような場面でも言語力、とりわけ「話す力」が必要となる。本講座では、様々な場面を想定し、具体的にどのような点に留意して話をすると伝わるのかがわかりやすく解説された。
保育者としての言語力を高めるための読書のススメとして、先生推薦の図書について紹介するなど、三島先生の軽妙な話術にのせて、内容の充実したあっという間の2時間であった。

10月27日開催 保育学科 専門職研修講座報告

2019年11月11日(月)

 10月27日(日)に「園の理念を基軸とする表現活動の展開~遊びから学びへ繋ぐ活動の工夫~」というタイトルで、本学の山下真由美専任講師による講座が開講された。
 講座では、最初に各園がグループを構成し、それぞれ園の理念に基づいた活動について紹介し合うなど、ワークショップに取り組んだ。次に、園の理念を反映した音楽を含めた創作活動を展開している保育園(岐阜県美濃市)のビデオを見ながら、山下講師が指摘や解説を加え、受講者とともに内容の理解を深めた。例えば、動きと声を開放することの関連性の指摘や、気になる子どもをどのようにみんなの輪の中に入れて行っているのかの解説などがあった。その後は、子どもの呼吸を感じながら伴奏することや音楽と身体表現の関わりなど、受講者が各園で日々の保育や教育に利用可能な方法、工夫や手立てについて山下講師から話があった。また、感想の共有やみんなで歌ったりと、講師も含めた参加者同士の交流もあり、楽しく充実した時間となった。

高等教育の修学支援新制度について

2019年10月1日(火)

この度、函館短期大学は「大学等における修学の支援に関する法律(令和元年法律第8号)第7条第2項各号」に掲げる要件を満たしていると文部科学省から認められ、高等教育の修学支援新制度の対象校となりました。

入学金・授業料の免除対象者の申請方法などについては決定次第お知らせいたします。制度に関する詳細は、以下のWEBサイトでご確認ください。

文部科学省「高等教育の修学支援新制度」
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm

日本学生支援機構「給付奨学金」(2020年4月以降)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

■機関要件に関する確認申請書の公表(学校法人野又学園)
https://www.nomata.ac.jp/syugakusien/

函館短期大学 高等教育の修学支援新制度確認申請書(様式第2号)

高校生が和食の基本について学び、調理実習を行いました

2019年9月26日(木)

令和元年度函館短期大学「高校生のための『食育講座(しょ・く・い・く)』初(しょ)回」(開催日時:9月14日10時00分~13時00分、共催:日本フードスペシャリスト協会)が、本学調理実習室にて、函館白百合高校生を対象に開催されました。
はじめに、本学管理栄養士の清水陽子先生から和食の基本について講義があり、5つの基本の味や一汁三菜等について学びました。次は調理実習に挑戦です。煮干しの内臓を取り除き丁寧にだしを取ってお味噌汁を作りました。また耐熱ガラスでお米が炊きあがる様子も観察しました。その後一汁三菜のバランスの良い献立を参加者全員で美味しくいただきました。最後は学生ボランティアが作成した復習クイズに参加し、フードスペシャリスト資格の有用性と取得方法、講義の内容を再確認しました。参加者からは「だしからとったお味噌汁がとてもおいしかった」等の感想が聞かれ、普段の自分の食事を見直す良い機会となったようです。

第4回 食物栄養学科 ホームカミングデー2019を開催しました

2019年9月18日(水)

 令和元年8月25日(日)に食物栄養学科ホームカミングデー2019が開催されました。本会は本学の卒業生の支援事業の一環で、卒業後、社会人として仕事をされている皆さんを、本学教職員一同でサポートしていくことを目的として実施され、今年で4回目となりました。
 今回は、卒業生を講師としてお招きし、『ハーバリウム』のボールペンとミニボトルを製作しました。色のバランスや花の配置を考え、細かい作業に集中しながら、卒業生の近況を伺ったり日ごろの悩みを相談したり、和やかな時間を過ごしました。引き続き、茶話会でも学生時代の思い出や社会人になった経験談などから、皆さんの成長を知ることができました。参加していただいた皆様、ありがとうございました。
 来年も魅力的なプログラムを用意し、ホームカミングデーの開催をご案内する予定です。今回、仕事の関係で参加できなかった卒業生の皆さんも来年こそは本学にご帰校ください。教職員一同心よりお待ち申し上げております。

函館短期大学同窓会(柏友会)総会開催のご案内

2019年9月1日(日)

函館短期大学同窓会
会長 伊藤 和恵

拝啓 初秋の候、同窓会員の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、このたび2年ぶりとなります同窓会総会を下記のとおり開催する運びとなりました。何かとご多忙のこととは存じますが、短大・旧保専の卒業生の皆様が一堂に会して多くの同窓生とともに親睦を深めていただきたく、ぜひともご出席くださいますようご案内申し上げます。
敬具

令和元年9月吉日

   記

日時:令和元年10月26日(土) 午後6時00分より
会場:ホテル函館ロイヤルホテル
       函館市大森町16-9 TEL(0138)26-8181
会費:5,000円(当日会場にて申し受けます)
       (但し、平成30年、31年の卒業生は2,500円)
※ご出席の際は、9月27日(金)までお電話にてご連絡下さい。

問い合わせ先
函館短期大学同窓会
函館市高丘町52番1号 
TEL 0138-57-1800
担当:土場 まみえ

地域住民対象に『栄養ワンダー2019』を開催

2019年8月13日(火)

地域住民対象に『栄養ワンダー2019』を開催
 『なぜ栄養士の料理はうす味なのか?~おいしく減塩 守ろう血管~』
栄養士・管理栄養士の活動を紹介

 函館短期大学フィットネスセンターで、令和元年7月29日、30日、31日、8月2日の4日間、地域住民を対象にした「栄養ワンダー2019」を開催しました。
日本栄養士会が主催する「栄養ワンダー2019」は、「栄養を楽しむ」生活を応援することを目的とした全国イベントです。期間中、全国約1,300か所で開催され、本学の会場では、20歳代から70歳代のフィットネスセンター利用者及びスタッフ、のべ75人が参加しました。
 本学の「栄養ワンダー2019」では、『なぜ栄養士の料理はうす味なのか?~おいしく減塩 守ろう血管~』と題し、本学教職員である管理栄養士が、ソルセイブ(食塩含浸ろ紙)による塩味の味覚チェックと合わせて、減塩の必要性や普段の食事で気をつけるポイント、だし・香辛料などを用いた満足度の高い調理法を紹介しました。このほか、栄養を楽しむためのコツをまとめた冊子「栄養ワンダーブック」を配付し、協賛企業のキウイフルーツ、ヨーグルト、野菜ジュースを参加者に提供しました。 

最終日(8月2日)には、本学食物栄養学科で栄養士及び健康運動実践指導者の資格取得を目指している2年次生2名が、参加者へ味覚チェックの方法を説明する際に、管理栄養士の先生を補助する活動をおこないました。

参加していただいた地域の皆様、ありがとうございました。

栄養士の職域紹介を実施しました

2019年8月6日(火)

栄養士の職域紹介を実施しました
(後援 公益社団法人 北海道栄養士会函館支部)
 7月4日、11日に食物栄養学科2年生を対象に、『栄養士の職域紹介』を実施しました。病院、委託給食会社、老人福祉施設、学校勤務の4名の栄養士、管理栄養士の先生にお越しいただき、栄養士の業務内容ややりがい、苦労・工夫している点ご紹介いただきました。
 本学の学生は、主に栄養士として委託給食会社に就職します。学生からは、4名の先生方の講話を伺い、栄養士業務の印象が変わったとの感想がありました。委託給食会社でも働く施設ごとに業務内容が異なること、給食・厨房業務だけでなく病気や治療の知識が必要であること、多職種連携のためにコミュニケーションが大事であること、地場産物を利用するために、業者さんや組合の方との協力と信頼関係が必要であること、また、地域に貢献できる職種であることを知り、卒業までに多くのことを学びたいと再確認しました。
 本講話は、公益社団法人北海道栄養士会函館支部のご協力のもと開催されました。身近な諸先輩方、また函館で活躍されている栄養士・管理栄養士の先生の講話は、学生の将来の選択肢・夢が広がる内容でもありました。講話を企画・実施していただきました公益社団法人北海道栄養士会函館支部の皆様に感謝申し上げます。

1 / 1312345...10...最後 »