先輩インタビュー

渡部莉奈 さん 保育学科

渡部莉奈
学科
保育学科
コース
卒業年月
令和3年
進路
社会福祉法人函館聖パウロ会 乳児院さゆり園
渡部莉奈

子ども達が安全な環境に身を置き、安心して楽しく過ごせるように

①現在の主な仕事内容について教えてください。
私は、様々な事情で養育することが困難な家庭の子ども達が入所する乳児院で働いています。主な仕事内容は、授乳、沐浴、食事介助、普段の遊びなど、生活を送るための様々な援助です。子ども達が安全な環境に身を置き、安心して楽しく過ごせるように、毎日子ども達に寄り添い日常生活を共にしています。

②保育士/幼稚園教諭を目指そうと思ったきっかけは何ですか。
私が保育士を目指そうと思ったのは、課題研究で事件や犯罪についての記事をたくさん調べたことがきっかけです。世の中には様々な種類の事件や犯罪が存在していますが、犯人が幼少期の育ち方に問題を抱えている場合は少なくありません。幼い頃の環境や人間関係がその後の人生に大きく関わっていくということを知り、人生の基盤となる時期に携わり、社会に貢献できる人材をこの手で育て上げたいと思いました。

③函館短期大学に受験・入学を決めたポイントはなんでしたか。
私はピアノを習ったことがなく全く弾けない状態だったので、函館短期大学のピアノ個人練習室はとても魅力的でした。周りをきにせず1人だけの空間で好きなだけ練習できたので、かなり助かりました。

④函館短期大学での学生生活はどうでしたか。
一年次は行事等もあり、学年・学科を問わずたくさん交流できてとても楽しかったです。二年次はコロナウイルスの関係で他学年・他学科の方々とはあまり関われず残念でした。私生活や学校でのこと等、何でも言える先生もいて、とても過ごしやすかったです。

⑤④の中でも特に授業について印象だった/楽しい授業は何ですか。
私は、家庭支援心理学の授業が好きでした。他の授業ではあまり触れない少年犯罪や、不登校・非行の道へ進んでしまった子どもにどう関わるべきか等、色々なことを考えさせられました。少し視野を広げる、視点を変えることの重要さを感じました。

⑥函館短期大学での学びが活きたなと感じた瞬間はどんな時ですか。
人間関係の授業で、短所を長所に変える『リフレーミング』を学びました。それから、学校の人といる時も1人でいる時も意識するようになりました。初めは難しかったけど、癖にするように心掛けたらだいぶ慣れてきて、ストレスが溜まりにくくなったり人間関係に悩まなくなったり、生きていくのが楽になりました。

⑦将来の夢はありますか。
将来の夢は特にないです。強いて言うなら、あたたかい家庭を築き、自分の子どもにこれ以上ないくらいの愛情を注いで育てたいです。