保育学科

4つの専門的な学び

保育士・幼稚園教諭+αの資格を身に付ける

子育ての分野はもちろん、地域社会にも貢献できる保育者の育成を行います。
本校では2019年度から、保育士と幼稚園教諭育成のための函短独自の科目をカリキュラムに加えています。

新課程に新たに加わった独自カリキュラム
保育現場での幼児教育

遊びを通しての総合的な指導や、環境を通して行う教育などを現場の豊富な実践例から学びます。

子どもの医療

現場薬剤師を講師に医療知識を学びます。保育児童ソーシャルワーカーの資格取得に必要な知識です。

子どもの生活や遊び
A・B・C

学んだ生活や遊びを3つの表現方法別にまとめあげ、学生自身が子どもを育てる力を完成させる2年間の集大成です。

保育の記録と伝え合い

子供を「見る視点」「記録するポイント」、保護者と「伝え合うポイント」を実践形式で学びます。

取得可能な資格・免許
  • 保育士(国家資格)
  • 幼稚園教諭二種
  • レクリエーション・インストラクター
  • 食育指導士®︎
  • 保健児童ソーシャルワーカー
  • 准学校心理士
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 社会福祉主事任用資格
  • 介護職員初任者研修

保育学科つのポイント

充実の施設・設備を活用したピアノ授業を受けられます。

「つどいの広場」を基軸とした実践的な学びの機会があります。

専門的な学びで高度な保育支援ができる人材を育成します。

卒業後の進路例

保育所

乳幼児を就学まで保護者に変わって保育する保育士。

幼稚園

幼児の就学前教育を担う幼稚園の教諭。

認定こども園

保育所と幼稚園の両方の機能を持った施設での保育教諭。今後はこども園が増えていくことが予想されます。

学童保育所

就学児童を放課後、保護者の帰宅まで保育する施設の指導員として。

病院内・企業保育施設

総合病院や大きな企業の従業員の乳幼児を保育する施設の保育士。

保育所以外の福祉施設

乳児院、児童養護施設、児童発達支援センター、障害者支援施設、通所授産施設など様々な施設の保育士。

学科長からのメッセージ

保育学科長 猪上 徳雄(食育の基礎知識 他)

学びと実習で確かな
実践力を身につける

今の求められる保育の質の向上に即したカリキュラムによる保育士養成を行います。それは乳児保育の充実と実践の重視、養護視点からの実践力の向上と子育て家庭への支援充実、家庭理解を通した地域社会との連携などです。保育士の専門性の向上と地域社会との関わりで広い視野を身に付け、生涯学び続けることができる一歩先の保育者を目指しましょう。

以下の人材を養成することが
保育学科の教育目標である

豊かな人間性

子供の利益を尊重し、人として尊敬される豊かな人間性を身に付けた人材

確かな専門性

子供の発達や心の動きに合わせた保育と保護者に対する相談支援が出来る確かな専門性を身に付けた人材

地域社会への貢献

子育ての環境を地域と共に考える事ができる人材

豊かな人間性

食を通して、人の健康増進のために活躍できる豊かな人間性を身につけた人材

確かな専門性

ライフスタイルに応じた質の高い栄養指導ができる確かな専門性を身につけた人材

地域社会への貢献

生活環境や食文化を通じて、地域社会への貢献を考えることができる人材

本学科では、皆さんが、保育・幼児教育に欠かせない豊かな人間性と確かな専門性を持ち合わせ、また子育てと地域行政の関わりを理解した人材として、保育園・幼稚園・その他の施設などで働くことができるように学びます。豊かな人間性は主に教養科目をとおして、確かな専門性は主に専門科目をとおして、さらに子育てと地域行政の関わりの理解については、保育士資格取得のための科目をとおして学ぶとともに「子育て研究所」との共同活動からも学びます。