函館短期大学 > 保育学科 > 保育学科案内

学科案内

保育学科保育学科

画像

子供の育ちを科学する ~保育のプロを目指して

保育学科の教育目標

子育ての分野から地域社会の豊かさに貢献できる保育士・幼稚園教諭を養成。

  1. 子供の利益を尊重し、人として尊敬される豊かな人間性を身に付けた人材
  2. 子供の発達や心の動きに合わせた保育と保護者に対する相談支援が出来る確かな専門性を身に付けた人材
  3. 子育ての環境を地域と共に考える事ができる人材

本学科では、皆さんが、保育・幼児教育に欠かせない豊かな人間性と確かな専門性を持ち合わせ、また子育てと地域行政の関わりを理解した人材として、保育園・幼稚園・その他の施設などで働くことができるように学びます。  豊かな人間性は主に教養科目をとおして、確かな専門性は主に専門科目をとおして、さらに子育てと地域行政の関わりの理解については、保育士資格取得のための科目をとおして学ぶとともに「子育て研究所」との共同活動からも学びます。

保育学科の3つのポイント

POINT 1

『保育士』と『幼稚園教諭二種』の資格が2年間で取得可能です。

POINT 2

最新の設備とレベル別のレッスンにより『保育士』・『幼稚園教諭二種』の資格取得に必要な ピアノの演奏技術が身につきます。

POINT 3

付属幼稚園や関連保育所との連携によるフィールド学習で実践的な力が身につきます。

目指す将来へ向かってあなたの夢をバックアップ

画像

1年次コースゼミ

コースゼミで得意分野や興味関心のある分野を深く学んで意識と自信をフォローアップ

  1. 子供の表現コース
  2. 子育て支援と福祉コース
  3. 子供の発達コース
画像

実習に向けた充実の環境

学外での実習は、1年次終了後、保育所実習から始まります。2年次には保育所・児童福祉施設・幼稚園でも実習を行います。 学外での実習を大きな成果に繋げるために、事前と事後もあわせた実習指導と丁寧な2年間の個別指導体制で、高い実践力を養うことを目指します。

画像

教職支援センター

保育学科では、幼稚園教諭二種免許の取得に向けて、教職指導の組織的な取り組みとして「教職支援センターを開設しております。

取得可能な資格

保育士
必要な単位を修得した者は、卒業と同時に取得
幼稚園教諭2種免許
必要な単位を修得した者は、卒業と同時に取得
レクリエーション・インストラクター
(日本レクリエーション協会)
レクリエーション・インストラクター資格の指定科目を修了し取得
介護職員初任者研修
本学と函館市社会福祉協議会共催による介護員養成研修実施要項(2級課程)*に定めた課程を受講し、修了認定

画像

画像

  • 保育士(国家資格)
  • 幼稚園教諭二種
  • 介護職員初任者研修
  • レクリエーション・インストラクター(日本レクリエーション協会認定資格)
  • エアロビック・ダンスエクササイズ・インストラクター(ADI)
    (日本フィットネス協会認定資格)
  • 製菓衛生師国家試験受験資格(国家資格)
  • マイクロソフト オフィススペシャリスト(MOS/Microsoft認定資格)
  • 社会福祉主事任用資格

卒業後の進路例

保育所
乳幼児を修学まで保護者に変わって保育する保育士。

幼稚園
幼児の就学前教育を担う幼稚園の教諭。

認定こども園
保育所と幼稚園の両方の機能を持った施設での保育教諭。今後はこども園が増えていくことが予想されます。

学童保育所
就学児童を放課後、保護者の帰宅まで保育する指導者として。

大型商業施設内の託児所
ショッピングセンター、ショッピングモールの託児所において就学児童を放課後、保護者の帰宅まで保育する指導員として。

病院内・企業保育施設
総合病院や大きな企業の従業員の乳幼児を保育する施設の指導員。

保育所以外の児童福祉施設
乳幼児、児童養護施設、児童養護施設、児童発達支援センターなど、様々な児童福祉施設などの保育士。

Diploma Policy(ディプロマ・ポリシィ)

卒業認定・学位授与の方針

保育学科の教育目標を達成し、卒業認定に必要な所定の単位を修得して、以下の資質と能力を持つ者に短期大学士(保育学)を授与する。

[知識・技能]

  1. 保育と子育て支援に必要な専門的知識と技術を有し、こどもの成長を促す保育を展開できる。
  2. 地域の特性を正確に把握し、保育に反映させることが出来る。
  3. 保育者の社会的使命を理解することが出来る。

[思考力・判断力・表現力]

  1. 子育て環境を深く分析して、課題や問題を見つけ出し、その解決に向けて計画的に考え、答を導き出す能力を身に付けている。
  2. 身に付けた知識と技能を活かし、物事を的確に認識して評価できる能力を身に付けている。
  3. 生涯にわたって学び続け、身に付けた知識や技能並びに経験を分かりやすく他者に伝えることが出来る。

[コミュニケーション力・社会人力]

  1. 専門職業人としての高い倫理観を保持し、社会に貢献しようとすることが出来る。
  2. コミュニケーション力を身に付け他社と協働してして課題を解決しようとすることが出来る。
  3. 他者との思いやりと柔軟な対応力を持つ事ができる。