函館短期大学 > つどいの広場 > 音を楽しむ―おんがくのひろば

つどいの広場

つどいの広場新着情報

音を楽しむ―おんがくのひろば

2019.12.03

 つどいの広場では11月21日(木) 函館短期大学保育学科の山下真由美専任講師とピアニストでもある伊藤亜希子非常勤講師による「おんがくのひろば」を開催しました。
 おんがくのひろばは「エリーゼのために」の演奏からスタートしました。電子ピアノと鉄琴の音色に子どもたちは一瞬で引き付けられたようです。ハンドベル、タンバリン、カスタネット、鈴、トライアングルなど用意していただいた楽器にも子どもたちは興味津々です。お母さん方も初めて見るドレミパイプという楽器もありました。そしてこの日は見るだけでなく実際に楽器を手に取り、伊藤先生の演奏や山下先生の歌声に合わせて楽器を鳴らすことができました。特にハンドベルの音色は心地よく響き、子どもだけでなくお母さん方も聴き入っていました。また、鈴の音はクリスマスソングによく似合い「ジングルベル」や「あわてんぼうのサンタクロース」の曲に合わせてみんなでリンリンリンと鳴らすことができ、大満足です。
 生後3か月から3歳までのお子さん24名を含む20組のご家族が参加し、「おんがくのひろば」で『芸術の秋』を楽しみました。

                                               (文:山田 写真:木下)