函館短期大学 > つどいの広場 > 2019年のスタートは笑顔と涙の獅子舞で

つどいの広場

つどいの広場新着情報

2019年のスタートは笑顔と涙の獅子舞で

2019.01.11

 つどいの広場では1月8日(火)に「二爺(にじい)の会」による獅子舞が行われました。新年恒例のこの行事には毎年たくさんの親子が集まります。6回目となる今回も10組の親子の参加があり、0歳から6歳までの子供と家族を合わせて25名が獅子舞を楽しみました。
 最初はアコーディオンの伴奏で「ゆき」「春よこい」などをみんなで歌いました。楽しい振付けを教えていただき、みんなで輪になって踊りました。お母さんたちにとっても馴染みのある曲で、参加者の顔には自然と笑顔があふれました。

 次は、ペットボトルに小豆を入れた手作りマラカスを両手に持っての「シャカシャカダンス」です。お手本を見せてくれたお姉さんのマネしながら、右に進んでシャカ、左に進んでシャカ、前に進んでシャカシャカと小さいお友達も元気に音を響かせていました。

 そして、いよいよ獅子舞です。「松前神楽」の曲に合わせて獅子舞が入場すると、その迫力に圧倒され、子供たちはとても驚いた様子です。目を真ん丸にして動きを止める子供や不思議そうに近づいていく子供、泣きながらお母さんの後ろに隠れてしまう子供もいました。お獅子は、そんな子供たちの間を練り歩きながら「参加した皆さんの健康と幸せを願って」と軽く頭を噛んでくれました。大きな口でカプッと噛まれて泣き顔の子供たちとは対照的に、お母さんたちは笑顔いっぱいでその様子をカメラに収めていました。

 涙を拭いた子供たちは、お獅子や二爺の会の方々と記念写真を撮り、1年のスタートを切りました。今年もたくさんの喜びが皆さんのもとに訪れますように…。
                                                 (文:山田 写真:木下)