函館短期大学 > お知らせ > 函短 郷土料理プロジェクト 「鮭いずし」完成!!

函館短期大学からのお知らせ

函短 郷土料理プロジェクト 「鮭いずし」完成!!

2015年3月6日(金)

いずし取り出し

郷土料理プロジェクト第二弾として、1月7日に漬けた「鮭いずし」が出来上がりました!漬け込み日を含めて43日目となる2月18日(水)に上清を取り除き、重しを外し、2月20日(金)に学内にて官能評価を実施しました。今回は、木樽とプラスチック樽を用いて、まったく同じ分量で作製した「鮭いずし」の比較でしたが、その結果は・・・? 現在、評価結果を解析中ですが、年配の方は木樽の方が美味しい、と判断されていた印象です。しかし、2種類の樽の差はなく、どちらも美味しいとの感想もいただきました。

また、今回のいずし作製過程は、NHK函館放送局の番組でも取り上げていただきました。

・2月12日(木)18:10~ NHK「ホットニュース北海道」

・2月19日(木) 7:45~ NHK「おはよう北海道」

いずし官能評価準備

いずし官能評価

今後も郷土料理の情報収集、レシピ作成と引き続き行う予定です。学内の官能評価にご参加いただきました本学フィットネスセンターの会員の皆様にも感謝を申し上げます。

本プロジェクトは、公益財団法人南北海道学術振興財団・平成26年度助成金の採択を受け、本学教職員6名(研究代表者 澤辺桃子)が進めている「道南郷土料理の食味データベース構築に係る研究事業」によるものです。