函館短期大学 > 保育学科 > 子育て支援理解

学科案内

保育学科保育学科

子育て支援理解

子育て支援

子育てしやすい環境を地域とともに考えることができるよう学びます。

画像

幅広い意味での「地域の子育て支援環境づくり」「子育てが楽しい地域づくり」を目指し、行政と民間の橋渡し役となって地域の子育て環境創造に貢献する人材を育成します。

専門科目をとおしての具体的な到達目標

  • 子育て支援の基礎管理や福祉行政の仕組みを十分に学び、子育て支援に関するニーズや問題点を適切に把握する力を養います。
  • 子育てに関する問題について、保育の現場だけでなく、行政・地域・家庭・企業といった幅広い視点から考える力を身につけます。

授業科目など

画像
画像

[社会福祉][保育原理]では、地域社会の中で保育所や保育士がどのような役割を期待されているかを理解し、保育者として地域に貢献するための理論的な枠組みを学びます。

[家族援助論]や[精神保健]では、子育てのための、家庭・地域・保育の連携の重要性を理論的に学びます。

共同研究組織「子育て研究所」での活動を通じて、地域の子育て環境の向上への取り組みを実際的に学びます。

隣接する函館大学商学部との人的交流や連携を通じて、行政だけではなく民間の視点で、子育て環境について考える機会を設けます。

基礎教養科目[情報機器の操作I・II]では、コンピュータソフトの活用方法を学び、職業人としての情報整理方法の基礎も養います。

共同研究組織 「子育て研究所」 の設立

子育て家庭の支援活動、地域社会における子育て支援や子育て相談の取り組み、社会全体における子育て支援や子育て相談に関する意識などを研究対象として活動を重ね、先進的な知見や提言を地域に発信します。
子育て研究所に隣接のプレイルームに地元自治体からの委託による「つどいの広場」を設け、利用者の了承を得て学生の観察学習・研究の場としても活用しています。

画像