函館短期大学 > 保育 在学生

保育学科 在学生インタビュー

伊藤つぐみさんの画像

母親の育児負担、待機児童の解消など、子育てに役立つ人材を目指して

伊藤つぐみさん
宮古高校出身  (岩手県)

小さな頃からずっと、幼稚園教諭や保育士に憧れていたので、両方の資格を取得できる函館短期大学で学んでいます。出身は岩手県ですが、短大と函館の街の魅力に惹かれて入学を決めました。目標は、主に都心部で問題になっている待機児童や母親の育児負担などに役立つ人材になること。将来的には在宅保育の場を作り、ご近所の手もお借りしながら、困っているお母さま方の助けになりたいです。学校では、講義と実践、そして、問題対応などに必要なコミュニケーション能力を培う方法も学んでいます。また、学内に子育て支援施設「つどいの広場」があることも函短の魅力。いつも子供達を身近に感じて、背中を押してもらっています。

西谷尚斗さんの画像

保育士になった時、いつか僕はこう話す「先生ね、昔、ピアノが弾けなかったんだよ」

西谷尚斗さん
函館大学付属有斗高校出身  (北海道)

僕は昔から子供好きで、将来は保育士になろうと決めていました。それで、函館短期大学・保育学科の就職状況がとても良かったので、この学校に入学しました。毎日、子供に大切な「五領域」(健康、言葉、人間関係、環境、表現)などの勉強を通して一歩一歩、夢に近づいています。単なる"子供好き"では厳しい世界ということもわかって改めて覚悟もつきました。それから僕は保育士や幼稚園教諭に欠かせないピアノスキルがまったくゼロの状態で入学して、正直とても不安だったんですが、レベル別のレッスンで根気よく練習して、今はかなり上達しました。だからピアノ未経験でも心配ご無用ですよ。僕が証明しています(笑)。